くらしのアート じゃらんじゃらん


DSC_0171.png

エスニック雑貨

 「じゃらんじゃらん」の魅力のもう一つはエスニック雑貨。

 「エスニック」とは「民族特有の」という意味。アジアには数百ともいわれる民族が暮らし、独自の文化を育んできました。店内に並ぶエスニック雑貨の数々は、普段の生活の中で形作られたシンプルな機能性が特徴です。虚飾を排し、民族の文化の香りがちりばめられています。

ata

 日本の百貨店やアジア雑貨のショップで目にする機会が増えた「アタ製品」。その種類は豊富でバックやティッシュ・ケース、バスケット等の「アタ雑貨」はインドネシアのバリ島でつくられる「バリ雑貨」の代表格といわれます。

 アタとは現地に自生するシダ科の植物の名前。この茎の部分を乾燥させ細かく裂いた繊維をひとつひとつ丁寧に編みあげてつくられています。「アタ雑貨」が誕生したのは最近のこと。バリ島の少数民族が受け継いできたアタの加工技術と現代の意匠が組み合わされて誕生しました。

 アタ製品の特徴は飴色の落ち着いた色合いと軽くて丈夫なこと。ココナッツのチップで燻すことで独特の飴色になり、さらに防水性や防虫効果が加わり丈夫になります。

 じゃらんじゃらんのお店に並ぶエスニック雑貨は、いずれも地域や民族に受け継がれた手仕事の製品。オーナーの藤見さんがこだわる手仕事で生み出される品々です。

■くらしのアート じゃらんじゃらん
【住所】 山口県山口市吉敷中東3丁目7−3
【電話番号】 083-925-5615
【定 休 日】 火曜日