自然と共に暮す家

安成工務店

「自然と共に暮らす家」

 下関市に本社を置く安成工務店は、従来の「日本の木の家文化」に立ち戻り、昔ながらの在来工法をベースにした自然素材の家づくり、「自然と共に暮らす家」を提案している。

 今回は、安成工務店が考える住まいの形を安成工務店山口店の大下雄治店長に伺いました。

「OMソーラー」の仕組み

 省エネ住宅をかたちづくるOMソーラーは、屋根に降り注ぐ太陽の熱を暖房、給湯、換気に利用するソーラーシステムです。

 冬は、屋根に降り注ぐ太陽の熱で温められた空気を床下へ送り、基礎コンクリートに熱を蓄えます。コンクリートに熱を伝え冷めた空気は、微風となって室内へと流れ直接部屋を暖めます。

 温まったコンクリートは、気温の下がる夕方からゆっくりと放熱し、床面から建物全体を温めます。これにより、昼夜の温度変化が穏やかになります。また、OMソーラーシステムが稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に取り込んでいます。暖房しながら換気ができるという点も、冬の働きの大きな特徴です。

 夏は、屋根の熱をお湯採りに利用し、余った熱を屋外へ排出します。屋根面の下を強制排気することで、室内に入りこむ日射熱を減らし暑さをやわらげます。

 OMソーラーは、夏と冬で空気の流れを変えることで年間を通じて太陽の熱を利用する多機能パッシブソーラーシステムです。